入れ歯

ireba

歯の健康は、私たちが思っている以上に、日常の生活に密接に結びつき、その生活の質を大きく左右します。せっかく入れ歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。
また、入れ歯がフィットせず、すぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。
当医院では、見た目はもちろん咬む機能(咬合)の回復を重視し、患者さんに合った入れ歯を提供できるよう力を注いでおります。

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)

金具を使用しないためパッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。
また、金属アレルギーの方でも問題なく付けることが可能です。

片側 55,000円(税込)~
両側 110,000円(税込)~


当院では、しっかり噛めて、審美的にも優れたスマイルデンチャーを取り扱っております。

金属床

床の部分が金属でできた入れ歯です。
プラスチックの物に比べ、床を薄くすることができるので、熱が伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し、自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。

金属床 178,200円(税込)~

保険義歯

材質がプラスチックなので、分厚く快適さが損なわれる他、口の中で熱が伝わりにくくなるなど、機能的に限界はありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

入れ歯の清掃

歯にプラークが付着して、しばらくすると歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。 入れ歯を掃除しないとそこに食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。入れ歯の清掃は

  • 食事の後は外して流水で汚れを落とし、歯磨き剤は付けずにブラシで磨く。
  • 寝る前に入れ歯を外し、洗浄剤を使用した水につけておく。

入れ歯を磨く時には、よく観察し磨き残しのないように丁寧にお手入れするよう心かけましょう。

入れ歯磨きのポイント

入れ歯の汚れについて

使用した入れ歯には、目に見えなくてもたくさんの汚れ(菌)が付着しています。
入れ歯の材料であるレジン(プラスティック)はカビが繁殖しやすく、除菌を怠ると、口臭や味覚異常、歯ぐきの違和感や痛みに繋がる恐れがあります。
毎晩きちんと洗浄し、翌朝には清潔な入れ歯をはめるようにして下さい。